足立区北千住中村歯科医院 インプラント・矯正・審美・ホワイトニング・クリーニング・一般歯科

トップページ リンク お問い合わせ 院長のブログ

診療方針 アクセス 診療内容 力のコントロール 院内ツアー スタッフ紹介
足立区北千住中村歯科医院 力のコントロール




食事以外の時、上下の歯を接触させて、そのうえ不必要にギュッと力を入れていると、どのような症状が出てくるのでしょうか?
歯にクラック(ヒビ)がはいる。
楔状(くさびじょう)欠損ができる。(内側、外側に限らず)
虫歯がないのに冷たいものが異様にしみる。
かぶせものや詰め物が度々とれる。
健全な自分の歯が欠ける、摩耗する。
歯根膜(歯と骨をつなぐ靭帯のようなもの)が伸びてしまい、咬んだ時に違和感を感じる。
歯の根まで割れてしまう、(いわゆる歯根破折)
歯肉が退縮する、また、クレフト状に退縮してしまう。
歯を支えている骨が部分的に減ってしまう。
大きな骨隆起ができる。
奥の歯に食べ物が挟まりやすくなる。(咬む力によって歯が後ろ方向に移動してしまうため)
舌や頬に歯の圧痕がついている。
舌がピリピリする、極端な場合は味覚異常が生じることがある。
口の中が極端に乾燥する。唾液の出が悪くなる。
口を開ける時、カクッと音がしたり、関節が痛むことがある。
口が開きにくくなることがある。
肩こり  筋肉が緊張し、収縮することで、血流が悪くなります。
頭痛(偏頭痛)   ギュっと咬むことで頭の骨の縫合が歪みます。
歯がなく、入れ歯だから自分には関係ないと思っている方!!
入れ歯でも、粘膜に傷がつきやすい、いつも痛いところがある、バネがすぐこわれる、すぐに入れ歯がかたつく。
などの症状がある方は、入れ歯でも常に力を入れて咬んでいるのではないでしょうか?

その他、歯列矯正している場合、歯が動きにくい人は、咬みしめているのではないでしょうか?

戻る ブラキシズムについて
ページの先頭へ



ご予約お問い合わせ電話番号 03-5813-8885

トップページリンクお問い合わせ院長のブログ診療方針アクセス診療内容力のコントロール院内ツアースタッフ紹介
ノーベルスマイル
〒120-0034/ 東京都足立区千住1-22-9 ゆうらいくビル1階
診療案内 9:30 〜 13:00/14:30 〜 19:30 水・祝日/ 休診
Copyright (C) 2007-2010 中村歯科医院. All Rights Reserved.